地球上の資源が底をつく前に太陽光が地球を救う

どうして地球の資源では賄えないの?

サイエンステクノロジーの発達はとてつもなく便利で豊かな暮らしをもたらしましたが、便利な社会を作るためにはとてつもない量の資源を使ってきたと言えるでしょう。私たちの住んでいる現代社会には買えないものがないくらいあらゆるものが揃っています。それは地球の資源を使って作ったものなのです。資源問題を解決するためにリサイクル事業も発展していますが、無くなってしまった資源は作ることは出来ないためこのままでは地球上の資源が底をついてしまうことが分かっています。そこで注目されているのが太陽の光です。太陽の光は石油やガスに変わるエネルギーとして太陽光発電システムに使われているのです。

宇宙から届く永遠のパワー

遠く離れた夜空の星に私たちの希望が輝いています。夜、空を見上げると輝いている星々は全て恒星と呼ばれる星です。恒星というのは難しい言葉ですが皆さんも良く知っている所謂太陽のことです。地球は太陽の周りながらを自転しており、太陽が隠れた夜空で空を見上げれば銀河に浮かぶ無数の太陽を見ることが出来ます。夏の猛暑でも分かるように宇宙からに降り注ぐ太陽光のパワーはとてつもなく強力です。太陽光発電はこの強力な太陽光を利用した画期的なシステムと言えるでしょう。

専用蓄電池は太陽光発電に欠かせない

太陽光発電で出来ること、それは電気を作り出すことです。太陽光発電を導入すれば地球の資源を使うことなく電気を賄うことが出来ます。家庭に設置すれば今必要にされている電力会社からの電気を使うどころか売ることも可能になるのです。日照の量や時間により作れる電気の量は変わります。必要以上に電気を作ることが出来た場合は電気を売って電気が足りない時は電力会社から電気を買えばいいのです。さらに専用の蓄電池を設置すれば電気を貯めて使うことが出来るのです。

一般的に太陽光発電の価格は、本体が150万円程度、その他土台の設置費用や施工費が50万円程度かかります。