知っていると得をする?クレジットカードの3つのポイント

クレジットカードは無利子のカードローンと同じ?

クレジットカードで商品を購入すると、商品の代金をクレジット会社が利用者の代わりに一括で支払い、利用者は翌月以降にクレジット会社に対して一括もしくは分割で代金を支払います。その性質上、クレジットカードは一種の借金であるといえます。ところが、クレジットカードでは、一括払いもしくは2回払いでは、手数料がゼロである場合がほとんどです。つまりは、クレジットカードは無利子で1ヶ月もしくは2ヶ月の間、何度でもお金が借りられるカードローンと等しいといえます。例えば、10万円のパソコンが欲しくなったら、カードローンで10万円を借りるよりも、クレジットカードで一括もしくは2回払いで購入したほうが利子がかからずお得だということです。

キャッシング枠の利用は慎重に

最近のクレジットカードにはキャッシング枠がついていることが多いですが、キャッシング枠の利用は慎重に行ないましょう。クレジットカードは、あくまでショッピング目的なので、キャッシング枠についてはサービスはそれほどよくない場合が多いです。銀行カードローンのほうがはるかに金利が低く、さらには消費者金融のほうが「無利息サービス」などがあってお得である場合があります。ちょっとお金が借りたいときなどに、利用するのはいいですが、本格的にローンを利用したい場合には向いていません。くれぐれもキャッシング枠の利用は慎重に行ないましょう。

将来に影響することもある?

クレジット会社は、原則として個人信用情報機関に加盟しています。そのため、クレジットカードの利用履歴は個人信用情報に登録されます。この個人信用情報は、将来の住宅ローンや自動車ローンなどにも影響します。クレジットカードを1回延滞してしまった記録があるだけで、審査の厳しい住宅ローンが組めなくなり、将来マイホームが持てなくなるという可能性もあります。基本的に、条件の良いローンほど、審査は厳しいので、クレジットカードを延滞すると将来困ることになったり、損をすることになるということはよくあります。逆に、良好なクレジットカードヒストリーが築けていれば、そういった審査で有利になります。

事業者が決済手段の提供者と結ぶ契約に代行業者を仲介し、仲介業者によって契約の取り纏めや入金処理を行う事を決済代行と言います。締め日の異なる契約を纏められるので、処理の簡潔化と適正化に繋がります。