在庫管理の大切さと事故を起こさない作業現場

物流倉庫においての在庫管理

自宅にある小物や大物、人が生活に必要とする物や趣味などにおいて使用する道具やコレクションでも、それらを管理する方法が必要です。高さのある棚や収納ケースなどを使うことにより、部屋を綺麗にみせるだけでなく整理し易くなったりもするはずです。物流倉庫では私たちが苦手とする整理整頓、定置管理、5Sなどを率先して行い、いつでもどこでも注文を受けた商品を出荷出来るように環境を整えているのです。倉庫では整理が基本で、基本に忠実に作業することが違算のない在庫管理に繋がります。

在庫量にあわせたメンテナンス

倉庫にある在庫はロケーションをつけることによって管理されていますが、商品には季節によって売れる物、店舗ごとの売り出しがかかる商品など倉庫で管理している在庫数は日々変化しています。昨日まで3列も4列も使用していた棚が空っぽになったり、通常在庫が一棚で澄んでいた物が棚には収まらずパレット単位の在庫になることもよくあることです。在庫管理をする上でロケーションメンテナンスという作業がありますが、ロケーションを付けたり、移動させたりすることで在庫に合わせたスペースを確保するのです。

今日もゼロ災で行こう

倉庫を運営していくには様々な問題を解決し、倉庫内の作業環境を整えていくことが大切です。不具合が生じた時は現在のロケーションだけでなく、移動がかかる前の古いロケーションのデータも必要になってくることなどもあります。伝票も通番で管理していなければ、問い合わせ時に探すだけで時間を食ってしまうでしょう。各作業現場を整えることも大事ですが、同時に事故を起こさない環境づくりというものにも力を入れなければなりません。リフトと作業者が行き交う倉庫においては、積荷や運転にも十分注意してルールを守り災害ゼロを目指しましょう。

倉庫は大きければその中に野菜や米などを保存しておくことが出来ます。使っていないものを置いておく事もできます。