必見!?展示会のブースを準備するときのポイント

入り口の掲示物を工夫しよう

展示会では、ただ単純に展示物を展示しておけばよいというわけではありませんよね。立ち寄った人に展示物に興味を持ってもらい、展示物についてうまく説明できるようにしておく必要があります。ブースの入り口には企業の概要や展示の内容を説明するような掲示を行っておくと、わかりやすい展示になりますよ。ここの掲示は詳しすぎても敷居が高くなるので、簡素なもので構いません。掲示のデザインなどを工夫すると、人目を引くようになります。

搬入の段取りを決めておこう

展示会を行う場合、様々な物を搬入しなければなりませんよね。展示物自体に加え、ブースの設営にかかる資材などが挙げられます。運び込む物の量がそれ程多くなければ、社用車や自家用車で運ぶことは可能です。しかし、物の量が多かったり大きな物を運ぶ場合は、トラックを借りたり宅配業者に頼んで運んでもらう必要が出てきます。搬入にかかる手続きは忘れずに行っておきましょう。また、展示会終了後の搬出時の段取りもきちんと決めておきましょう。

展示会に持っていくべき物

展示会の準備ではブースの設営に気を取られがちですが、その他にも忘れてはならない物がたくさんあります。ブース内でパソコンなどの電子機器を使う場合は、ケーブル類などを忘れないようにしましょう。電子機器は、ケーブルがないと最悪動かせないこともあるので注意が必要ですよ。また、マジックと紙があれば緊急の掲示をしなければならないときに役立ちます。そして、展示会では意外とゴミが多く出るもの。ゴミ箱やゴミ袋も用意しておくと便利ですよ。

展示会の施工とは、イベントや商業施設などの装飾や、展示会ブースの空間づくりを、企画・設計・施工までを行うことを言います。